結婚したい中国美人が80名以上在籍
【愛知・岐阜・三重】中国人女性と日本でお見合い「中日縁結び」

日本の主人と出会い幸せに!中国の方に色々な出会いを提供したい

中日縁結び 代表

 

はじめまして、わたしは「中日縁結び」を運営しているカオリです。
どん底だった中国での生活から、日本で主人と出会い婚姻してわたしがどうして中日縁結びを作る事になったのか?
真実を書いていきますので最後まで読んでくださいね。

中国縁結び

日本人と結婚したい女性と出会える

無料!会員登録はこちら▶

中国では貧しかったので小学生でも1日10時間も働いた。

中国での生活はとても貧しい思いでがあります。

国としては、一人っ子政策、街として、男尊女卑の風習がありました。

兄妹は、妹と弟がいます。小さい頃の家庭は裕福ではなく、貧しかった思い出があります。

昔の子供は男の子が優先の時代。食べる物も、弟はご飯やお肉、魚を食べれるが、妹と私はご飯やお肉や魚が無く、麺(小麦粉と水で作る物)と野菜でした。

白いご飯が食べれる事はとても裕福だと思っていました。

兄妹で喧嘩や、問題が起きた時は、弟は許されても、妹と私はダメで、木の根っこで作った、ムチでよく叩かれた記憶があります。

兄妹でも、とても差別はありました。

小さい頃は、畑のお仕事を手伝い、山に行き、山の山菜や栗、様々な食物を取って、街に売りに行きました。

1日に、10時間くらい働いていました。結構、儲かりますのでオススメですよ。

勉強よりも、人に物を買ってもらう勉強の方が多かったかもしれません。

中学進学時は、私の父が学校に行くのを止められ、辞めさせられました。

理由は、女の子は男と結婚をしたら、家を出て行くからでした。

畑の仕事や、山に行き山菜を取って街に取った山菜などを売りに行っていました。

中国縁結び

日本人と結婚したい女性と出会える

無料!会員登録はこちら▶

16歳で結婚と出産を経験し旦那の浮気で離婚する。

国際結婚

そして私は、16歳の時、何も分からず2歳上の友達の家に行った時に、友達の弟に誘われて、そのまま妊娠をしてしまい、子供を授かりました。

それからは、その方と結婚しますが、その時の旦那さんは、仕事をせずに遊んでばかりでした。

子供を守らないといけないので、私は畑や、田んぼ、豚や鶏を育てて生計を立てていました。

時は経ち、旦那さんにも働いて欲しくて、友達にお願いして旦那さんの仕事を紹介してもらいました。

旦那さんはお金が稼げるようになり、お家にも帰ってくる事が少なくなり、とうとう、一人の女性を連れて来て、その女性が妊娠をした事を告げられました。

私には理解が出来ず、頭が真っ白になりました。

苦しい思いに耐えきれず、わたしから別れを告げました。

中国で何もかも失い日本へ・・・今の主人と出会うが両親に反対される

国際結婚 プロフィール

何もかも失った私は、日本に研修生の話がありました。

日本に研修生で来ました、それから今の主人と出会い付き合いました。

主人のご両親には、私達の事は、反対をされていました。

それから、主人は両親の会社の後継ぎを考えていましたが、私と一緒になる為に、後を継ぐことを辞めて、新しく仕事探しをしていましたが、ハローワークで仕事を探して面談を終え、結果待ちが1〜2週間程度で何社か受けていましたが、中々採用にも至らず、日々が過ぎ、生活も少し厳しくなって来ました。

それから少ししたら、見習いから仕事を始めましたが、朝が早く、夜遅くに帰ってきては、疲れきってすぐに寝ていました。

私には、疲れきった体をマッサージしてあげる事しか出来ませんでしたが、あまりにも体に負担があったのか、仕事に対してドクターストップも出ていたそうです。

その為、新しい仕事先を探してやっと落ち着いた時、私も仕事をしようと思い、主人にマッサージをしていて、気持ちいいと言ってくれた事が嬉しくてマッサージを仕事にしようと思いました。

お互い仕事で忙しいが心は一つでした。

そんな中、結婚しよう!と主人から言われて婚姻を決意しました。

喧嘩もするけど幸せな現在〜希望の未来

国際結婚 料理

生まれてきた環境も、食べ物も全然違いがあり、喧嘩も毎日に近い程しています。

それでも毎日、一緒に寝て、白いご飯が食べれて、色々な事を一緒に決めていけて、とても幸せに感じています。

今は私自身は、周りのおかげもあり、リラクゼーションのお店を5店舗経営出来るまで成長出来ました。

まだまだ将来やりたい事が多く間に合いませんが、周りの方に感謝し、共に成長をして生きたいと考えています。

好きな食べ物
辛いもの
パクチー

嫌いなもの
海鮮類全般

ひとこと
皆様の幸せを応援させて下さい!

中国縁結び

日本人と結婚したい女性と出会える

無料!会員登録はこちら▶